東京に引越しするにあたってしておきたいこと

仕事や進学に合わせて東京へ引越しをする方もいますが、そういたった方がまずしておきたいことは、住む場所の決定です。これは、やらなければ生活ができないので、最初にしておく必要があります。選ぶ時には、勤務先や通学先に行きやすい場所を選ぶのが適切です。家賃を気にするのは普通で、できれば安く抑えたいところです。このとき、交通費を含めて検討すると、バランスが良くなります。単純に安い物件でも、目的地から遠ければ交通費がかかります。それならば、多少高くても目的地から近い方が生活しやすくなるため合理的です。そして、住む地域によって街の特徴が異なりますし、生活のしやすさも変わってきます。そこで、生活環境についての情報も集めておいた方が、物件選びが円滑にできて良いです。

銀行口座は開設しておいた方が良い

銀行口座は、東京に引越してからでも良いので作っておいた方が無難です。最近は提携しているATMが多いため、地方銀行でも使う場所に困ることは有りませんが、手数料がかかってしまいます。そこで、手数料のかからない口座を作っておく必要性は高いです。また、公共サービスの開設手続きは、事前に入居日に合うように行っておく必要があります。突然申し込みをしても、当日対応をしてくれるわけではないため、やっておかないと暫く利用できないことになり不便です。手続きはインターネットでもできるので事前にやっておきましょう。転居に関する手続きもしておく必要があります。まずは、転出する自治体から転出届けを行い、転出証明書をもらっておきます。それを、新たに住む自治体に持っていって転入届を行います。

クレジットカードなどの住所の変更も忘れずに

東京への引越しをするにあたっては、クレジットカードなどの住所変更もしておく必要があります。しばらくは転送の手続きをしていれば、郵便物は転居先にも届きますが、それは一定期間に限られます。忘れてしまえばあとで郵送物が届かないことになるため、早めに起こっておくべきです。こういった手続き的なこと以外では、生活の環境について調べておいた方が良いでしょう。東京には、たくさんの人が住んでいるため、生活に必要な物を購入する場所などは充実しています。しかし、数が多いため情報は予め調べておいた方が迷うことなく利用できます。その他、これまで住んでいた自治体とはゴミ出しのルールが異なることがあるため、その点もあとで困らないように予習しておくと良いです。これは、住むところの自治体のホームページで確認できます。