東京への引越しに向けてするべきこと

東京への引越しに向けてどのようなことを準備すれば良いでしょうか。まず準備するべきことは、新居を決めて、今住んでいる家の退去日を決めるということです。家賃の支払いや期間、引っ越し業者の料金のなどを勘案しながら調整することによって、出費を最低限のものにすることができるのでできるだけ早く計画的に引っ越し作業を進めていくことが肝要です。退去日が決まったら、次にするべきは引っ越し業者の選定です。引っ越し業者を決める時のポイントは、安さだけで決めないということです。自分に合った引っ越し業者を決めることが大切です。複数の業者に見積もりを依頼して、よく比較して検討すると引っ越しの料金をおさえることができますし、引っ越し業者から無料のサービスの提供を受けることができる可能性も高まります。

引越し当日までにするべきことは?

退去日が決まり、引っ越し業者も決まったら次は荷物の梱包をする必要があります。もし引っ越し業者が梱包資材を無料で提供してくれるなら、それを積極的に活用しましょう。そうすれば費用をおさえることができます。もし自分で用意する場合には、通信販売を積極的に利用すると引越しをスムーズに進めることができます。ダンボールやガムテープは非常に嵩張るので、用意するのも大変ですが、通販なら家の前まで届けてくれるので非常に楽です。荷物を梱包する際に役立つのが新聞紙です。空いてしまったスペースを、新聞紙を丸めてなくすこともできますし、割れ物の梱包にも便利です。多めに用意しておくと良いでしょう。東京への引っ越しの際には、多くのゴミがでるのでゴミ袋も用意しておくと良いです。粗大ゴミなどのゴミは各自治体によって処分の方法も異なるので事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

引越し当日までにするべき事務手続きとは?

東京への引っ越しまでにするべきことは梱包作業だけではありません。事務手続きもしっかりと行っておく必要があります。事務手続きをしっかり行っておくと新生活をスムーズにスタートさせることができるので便利です。まずは電気、水道、ガスの契約状況を確認し、いつまで使用するかを決めましょう。その上で、退去するので解約するにはどうするのかを確認しましょう。特にガスを新居で当日から使いたい場合には事前にガスを開栓する必要があるので注意が必要です。また、インターネットの契約も確認しましょう。当日から使いたい場合にはなおさらです。工事に時間がかかる場合もあるので、事前に必ず確認しておくようにすると良いでしょう。銀行などの住所変更手続きも必要です。新居が決まったら早めに事務手続きは行っておくようにすると新生活をスムーズにスタートさせることができます。